Jefferies & Co.のアナリストを務めるPeter Misek氏は、米アップルが「iPhone6」により大きなディスプレイを採用し、来年の6月に登場させるだろうと報告しています。

Curved-glass-iPhone-Nickolay-Lamm-Matteo-Gianni-001-500x375

曲面ディスプレイを採用した将来のiPhoneの予想図

Misek氏によると、iPhone6のリリースが来年6月になる理由は、ディスプレイテクノロジーの変移が必要だからとのこと。現在サプライチェーンは次期iPhone(通称:iPhone5S)の製造を優先しており、iPhone6に着手できるまでにはあと2~3四半期(6~9ヶ月)が必要だとしています。

同氏はiPhone5Sについても語っており、iPhone5Sには新たなカラーバリエーションが加わり、指紋認証機能を搭載し、プロセッサとカメラが刷新されるも、今年の夏中のリリースは厳しいのではないかと予想しています。

iPhone5Sの正式発表もされていないうちにiPhone6の予想とは少し気が早い気もしますが、スマートフォンのように世代交代が早い製品は、現行製品の2世代先までを見越して開発が進められるともいわれており、アップル内部ではすでにiPhone6の具体的な構想が固まりつつあるのかもしれません。現在スマートフォン市場では4インチ後半~5インチのスマートフォンが主流を占めていますが、アップルがその流れに乗ってiPhone6の画面サイズを拡大するのか、注目されます。

[Financial Post]