フュージョン・コミュニケーションズは13日、既にベータ版として提供しているIP電話サービス「FUSION IP-Phone SMART」を正式にサービスを開始するとともに、新しくIP-Phone SMARTに最適化した公式通話アプリ「SMARTalk(スマートーク)」の提供を開始すると発表しました。

FUSION IP-Phone SMARTは、月額基本使用料0円のIP通話サービス。スマートフォンに対して050から始まる番号を付与し、Wi-FiやLTEといったデータ回線を使用することで、国内向け通話料金8.4円/30秒を実現しています。

smart0604-2

画像は「SMARTalk」のスクリーンショット

今回、IP-Phone SMARTの正式サービス開始とあわせて発表されたアプリ「SMARTalk」はIP-Phone SMARTに最適化され、IP-Phone SMARTの設定が簡単に行うことが可能。また、多くのユーザーが利用するAcrobits Softphoneの開発を行なっているAcrobits社の技術を利用し、バッテリー消費を極力抑えることができる技術も搭載。その他の機能として、通話を録音することができます。

現在、スマートフォン向けに050番号を付与して通話料金を抑える「050 plus」などのサービスがIP-Phone SMART以外にも存在しますが、IP-Phone SMARTでは月額基本料金0円を実現するなど、今後サービスや価格競争が加速しそうです。

[フュージョン・コミュニケーションズ]