THE VERGEは4日(現地時間)、米マイクロソフトの上級プロダクトマーケティングマネージャーを務めるMichael Niehaus氏が「Tech-Ed」のセッションの中で、次期Windows 8.1では改良された指紋認証機能をネィティブにサポートし、さらに指紋によって特定のフォルダをロックする機能も搭載すると発言したと伝えています。

同氏によると、Windows 8.1ではリーダー上で指紋をスワイプするかタッチすることによって指紋認証を利用し、アプリケーションを買ったりアプリにログインすることができるとのこと。そして、特定のフォルダを指紋認証によってロックすることへも対応すると発言しました。

Security8_610x426

現在マイクロソフトは2~3の製造業者と密接に連携して指紋認証技術を開発しているとのこと。また、同社は様々なOEMメーカーと共同で指紋認証機能をノートパソコンやタブレット端末、キーボード、マウスに搭載することを推進していくとしています。

これまで長らくシステムやフォルダをロックする方法にはパスワードが用いられてきましたが、Windows 8.1からはよりセキュアな指紋認証が強く推進されることになりそうです。アナリストの予測ではありますが、米アップルも次期iPhone5Sや将来のiPhoneに指紋認証機能を搭載すると予測されており、今後指紋認証機能はより広く世間で利用されることになるのでしょうか。

[THE VERGE]