Nowhereelseは3日(現地時間)、iPhone5Sと同時に発表されるとみられる「廉価版iPhone」の複数の背面部品画像を掲載し、それにより廉価版iPhoneのカラーリングに新たに「青色」が存在することが判明しました。

廉価版iPhoneの背面部品には、最初に「白色」が存在することが確認され、数日前には「赤・黄・緑」の3色が存在することも判明しましたが、今回発見された「青色」を含めると「赤・黄・青・緑・白」の5色までのカラーリングが確認されたことになります。

iPhone-Plastique-Couleurs-Photo

廉価版iPhoneには5色〜6色程度のカラーリングが存在すると噂されており、これまでもそのカラーリングについては様々な推測がなされてきましたが、ここ数日で一気にその種類が確定しつつあります。白色が存在するということで、残るは黒色の存在が気になりますが、はたしてさらなる新色の流出はあるのでしょうか。

[Nowhereelse]