日本経済新聞と朝日新聞は6日、NTTドコモがiPhoneの販売を今秋から始めると伝えている。販売台数など、取り扱いに関する米アップルとの条件交渉には既に折り合いがついており、現在は細部の詰めに入っているとのこと。

Sequence-06.Still002-642x361

今月11日(日本時間)に開催される、アップル社のイベントで発表が予定されている次世代iPhone。現時点ではフラッグシップ機である「5S」と廉価版の「5C」の2機種が登場するものと見られている。

朝日新聞によると早ければ今月20日から発売が開始される見通しとのことだが、5Cの取り扱いについては具体的に触れられていない。

ソフトバンク・KDDIに続いてドコモが参入したことで、国内の大手キャリア三社が全てiPhoneを取り扱うことになる。ユーザーにとっては選択肢が広がることになるが、一方で業界の再編は加速することになりそうだ。

[日本経済新聞] [朝日新聞]
[過去記事: 速報:米アップル、iPhone5S発表会を10日に開催 ―公式発表]