iphone5s-side-by-side米ニューヨーク・タイムズのテクノロジー媒体「Bits」は29日(現地時間)、iPhone 5sの一部機種に製造上の不具合があり、バッテリー寿命(持ち時間)が短くなる不具合があると報じています。

報道によると、製造されたiPhone 5sの中に「充電時間が長い」「バッテリー寿命が短い」といった不具合を抱える個体が存在するとしており、その数は数千台に及ぶものとみられます。Bitsの取材に対してアップルの広報担当者は「影響を受けるユーザーには個別に連絡を行い、無償交換する」との旨を述べました。

製造上の不具合であるため、生産週・および規模を正確に把握できるものとみられており、アップルから個別連絡が届かない限りは不良品ではないと判断して良いものとみられます。

[NYT via TNW]