EMSOneは13日、台湾紙「聯合報(れんごうほう)」らの報道として、米アップルが来年発表すると噂されるスマートテレビ「iTV」の発売が遅延する可能性があると伝えています。同紙によれば、アップルはiTVで放映するためのコンテンツの確保に苦慮しており、発売時期を決められないでいるとのこと。

今週に入って、同製品の計画が延期されるとの報道や分析が相次いでいるとしており、一定の信頼性がある情報だと考えられます。

249351-apple-itv

非公式コンセプト

ここで “コンテンツ” の詳細は明らかにされていませんが、今回伝えられた情報が事実だとすると、iTVの一つの特徴がその “コンテンツ” である可能性が高いものと思われます。huluなどといった映像配信サービスが普及している今、単なる映像コンテンツを確保したところでそんなに大きな訴求材料にはならないと個人的には感じますが、アップルのスマートテレビならではの機能専用の “何か” なのでしょうか。

なお、iTVは4Kの解像度を有して複数のサイズのモデルがリリースされるとも噂されています。

長らくその登場が期待される本製品ですが、未だにその正体は闇に包まれています。腕時計型デバイス「iWatch」と共に「成功するのは難しいのでは」とも言われていますが、果たしてはっと驚くような新機能や使い方は登場するでしょうか。

[EMSOne]