中国のコミュニティサイトWeibo上に、iPhone 6のフロントパネルを撮影したとされる画像が掲載されています。写真内ではiPhone 5(または5s)と思われるものとサイズ比較されており、縦・横の両方に大型化していることが見て取れます。

14.04.15-iPhone-6-Panel

流出した画像が上のもの。この画像がiPhone 6のものであるのか否かは秋頃の発表会まで確定しませんが、既に新型iPhoneのパーツがリークされる時期に差し掛かっており、本物である可能性もあります。

前面にはFaceTimeカメラと赤外線センサー用の穴、ホームボタンの穴が確認でき、ホワイトモデルないしゴールドモデルのフロントパネルである可能性があります。

Foxconnの関係者からリークされたとされる図面情報では、横幅は63.3mm程度。仮に上の画像が本物であれば、液晶ディスプレイに対するサイズ感の印象はかなり “大きなもの” となりそうです。

[9to5Mac]