WWDC 2014で発表されたばかりの「iOS 8」と「OS X 10.10 Yosemite」ですが、双方が揃って実現する便利な機能「Handoff」のスムーズな連携が話題を集めています。

mac_and_ios_mail_laptop

Handoffは、iOSデバイスで作業していた内容をそのままMacで引き継ぐことが出来るというもの。例えばiPhoneでショッピングサイトを見ていたとして、購入はMac+キーボードを使ってやりたいという方も多いはず。そういった時にわざわざMacでサイトを開き直す必要がなく、ワンクリックで作業を継続できます。

今回ご紹介するのはそのHandoffの模様を撮影したもの。動画では、iPhoneの状況に応じてMac側のDock左端に連携ボタンが表示される様が見て取れます。何より凄いのは非常にタイムラグが少ないという点。動画で紹介されているのはSafariとApple Mapsの2アプリですが、Pages・Number・Keynoteといったアプリでは作業をそのまま引き継ぐことが可能です。

[Apple Insider]