今年、アップルは2つのiPhoneを開発中とみられており、一つは4.7インチのディスプレイを搭載した「iPhone 6」。もう一つは5.5インチのディスプレイを搭載した「iPhone 6s(通称)」と呼ばれるものです。

片手で持てる “ちょうど” のサイズとして強く打ち出されていたiPhoneも、大型化の流れには逆らえず横方向にも拡大するとみられていますが、iPhone 5とiPhone6/6Sのケースを比較した画像が登場しました。

iPhone-6s

比較画像が上のものですが、もはや別カテゴリの製品かと思うほどの大きさであることが分かります。中央がiPhone 6とされるもので、一番右がiPhone 6sです。4.7インチの製品はAndroidスマートフォンでも広く一般的なサイズですが、流石に5.5インチ版ともなるとその大きさを感じざるを得ません。

アップルがどういった狙いでiPhone 6sを繰り出してくるのか不明ですが、一体、何をはじめるつもりなのでしょうか。

[Phone Arena]