米グーグルが提供するウェアラブルデバイス向けのOS「Android Wear」向けに、サードパーティ開発者による超小型キーボード「Minuum」が公開された。

Minuumの公式ブログに掲載された動画では、LG製のLG G Watch上で動作する “超小型キーボード” の様子が見て取れ、QWERTYを軸としてフリック入力するタイプとなる。

Android Wearは基本的にスマートフォンの利用をサポートする位置付けとなっており、音声入力による文字入力が基本となるが、どうしても音声入力を利用できない・しにくいタイミングは発生してしまう。それを補う形でのアプリであるが、「スマホを取り出したほうが早いのではないか」といってしまうのはギークな話題的にはご法度。

当然ながら日本語入力には対応していないようであるが、すでにLG G Watchを入手しているユーザーであればぜひとも試してみたくなるアプリかもしれない。

[Android and Me]