HTCのAndroidスマートフォン「HTC One(M8)」をベースにして、Windows Phone 8.1を搭載した新型端末「HTC One(M8)for Windows」が正式発表されました。米国ではベライゾンおよびAT&Tが扱うことを既に表明しています。

htc_one_m8_august

HTC One for Windowsは、Android版のM8と同様に金属筐体・5インチフルHDディスプレイ・2GB RAM・32GB内蔵ストレージといった基本スペックが同じであり、プロセッサにはSnapdraghon 801シリーズが搭載されています。

AT&Tでの2年縛り価格は99.99ドル。今のところSIMフリー版についての詳細は明らかになっていませんが、Android版の完成度が非常に高いだけに、Lumia以外のWindows Phone端末としては第一選択となりそうです。

[THE VERGE]