事は、アップル製品だけに限らない模様です。

4日(現地時間)、海外メディアPhone Arenaが伝えるところによると、ロシア政府は2015年1月1日より米アップル製デバイスの使用を全面的に禁止する法案を可決したとのことです。

記事26.1

それだけを聞くと、特定の企業だけを締め出す悪法のようにも聞こえてしまいますが、この法案が「セキュリティ性」という観点に基づいてたものであることをPhone Arenaは指摘しています。

というのも、アップルの提供する「iCloud」にアップロードされたデータは、ロシア国内ではなく米国内に設置されたサーバー内に保存されます。今回これを問題視したロシア政府が、「iCloudサービスを内包した端末の全面使用禁止」に踏み切った模様です。

記事26.2

また、あくまで現時点ではアップル製品のみが矢面に立たされた形となっていますが、この法案はiCloud等と同様のサービスを提供・包含するデバイス全てに適用されるとのこと。

さておき、意外な形で2015年以降のロシア市場からは世界最強クラスのプレイヤーが離脱することになりそうです。果たして、アップルは どのような対策を講じてくるのか。アップルの動向に要注目です。

[Phone Arena]