では、Galaxy Note 5には、一体どのSoCを搭載するつもりなのでしょうか。

9日(現地時間)、海外メディアPhone Arenaが伝えるところによると、韓国サムスンはSnapdragon 810を搭載させたGalaxy Note 4を、”韓国市場限定モデル” として新たに提供を開始する見込み、とのことです。

記事58.1

また、どうやらこのリフレッシュ版Galaxy Note 4が登場する時期は、サムスンの次期フラッグシップ級モデル「Galaxy S6」の登場よりも更に後のこととなる模様。

まだ確定した訳ではありませんが、仮にこの「派生版Note 4」が韓国市場のみの供給となるならば、他の国で提供されることには期待できないかもしれません。

image

ともあれ、仮にGalaxy Note 4にSnapdragon 810を搭載させてしまうつもりならば、来年度の登場が期待される「Galaxy Note 5」には、どのSoCを採用する計画なのでしょうか。

市場に与えるインパクトを鑑みれば、既に先代モデルで搭載してしまった「Snapdragon 810」では少々 ”弱い” ようにも思えますが、どうでしょう。いずれにせよ、眉に唾を付ける作業に励みつつ続報を待ちたいと思います。

[Phone Arena]