現時点では噂段階にすぎませんが、コーウェン社のアナリストが投資家向けに発行したレポートによると、米アップルが4インチの画面サイズを搭載する「iPhone 6s mini」を2015年にリリースする可能性を指摘しています。

4インチサイズのiPhoneといえば、iPhone 5やiPhone 5sでお馴染みの “片手に馴染むサイズ” として親しまれてきましたが、現行モデルのiPhone 6では画面サイズが拡大され、4.7インチのディスプレイが採用されています。スマートフォン市場では大型画面化がひとつのトレンドになっており、アップルもその流れに逆らうことはできず、iPhone 6 Plusでは5.5インチという驚きのサイズになりました。

iphone5c-selection-hero-2013_GEO_JP

画像はPhone 5c

レポートによるとiPhone 6s miniは低価格路線も踏まえるとされており、スペック的にも下位モデルに位置づけられるものとみられます。このような商品ラインナップはiPhone 5cですでにアップルは実現しているだけに、ディスコンされたiPhone 5cがミニサイズ版のiPhone 6sとして復活するのでしょうか。

なお、冒頭でも噂にすぎないと指摘させていただきましたが前述のアナリストについては誤った観測レポートを過去に幾度か発行したことがあるだけに、可能性の一つとして捉えておくことが良いと思われます。

[Apple Insider]