ついに、インドにて正式にデビューすることになりそうです。

「韓国サムスンから、世界初となるTizenOS搭載スマホが2014年末までに登場する」という噂が囁かれ続けてはや数週間。スペックやTizenOSのUIの画像に関する情報も、こちらで幾度かお伝えしたことと思います(過去記事)。

さて今回、韓国の報道メディアMaeli Business Newspaperによって、”世界初のTizenOS搭載スマートフォン”「Samsung Z1」が、「12月10日」にインドにて正式に発表される見込みであることが報じられるところとなりました。

記事7.1

かつてサムスンによって公開された、TizenOS搭載スマートフォンの試作機

今回、12月上旬の登場が示唆された「Samsung Z1」は、これまで「SM-Z130H」という製品コードネームで呼ばれていた端末と同一のデバイスとなります。

また海外メディアPhone Arena曰く、紛うことなきローエンド級端末として登場するこのZ1は、「100ドル」(約1万2千円)以下の価格帯に投入されることになるとのこと。これまでに伝えられるところのZ1の主なスペックは、上記の過去記事をご参照下さい。

記事7.2

先日リークされた、「TizenOS」のUIを捉えた画像

ついに、具体的な登場の日付が示唆される形となったサムスン製のTizenOSスマートフォン。残念ながらロシアでのデビューには躓いてしまいましたが、果たしてインドではサムスンの期待通りの反応を得ることはできるのか。サムスンのお手並みに、期待です。

[Phone Arena]