ロイターは12日(現地時間)、米マイクロソフトが、イスラエルのスタイラスペンメーカー「N-trig」の買収交渉を進めていることを伝えています。伝えられている買収額は、少なくとも2億ドル(約238億円)とのこと。

記事67.1

既にN-trigのスタイラスペン技術は、Surface Pro 3に採用されており、一定の評価を得ています。

一方で、過去にはマイクロソフトの幹部が、「紙に書くのと遜色のない」 書き心地や入力精度を目指して、スタイラス技術の改善と研究が重ねられることも明言しています。

そうしたことから、仮に今回の買収が成れば、N-trigの研究開発チームは、マイクロソフトのSurfaceシリーズ開発チームに組み込まれるものと考えられます。

未だに国内のユーザーからは、Wacom製のデジタルペン技術の採用を望む声が根強く聞かれるように思いますが、果たしてこの買収を機にその ”逆風” を鎮めることができるのでしょうか。続報に要注目です。

[Reuters via Neowin]