米マイクロソフトは16日(現地時間)、IT専門家や開発者向けの機能追加・改善を施したWindows OSプラットフォーム向け「Office 2016」のプレビュー版の提供開始を正式に発表しました。

記事116.3

この「Office 2016 IT Pro and Developer Preview」においては、新たに「Data Loss Protection(DLP)」という名のデータ保護機能が追加され、重要なデータがトラブルによって消失してしまう危険性への備えが施されることとなりました。

なおDLPは、Exchange、Outlook、SharePoint、OneDrive for Business、Word、PowerPoint、Excelと多岐に渡り適用される模様。その他、Outlookの大幅な機能強化を含む、多くのビジネス用途向けの機能改善や最適化が施されています。

なお、マイクロソフトによると、今回のプレビュー版はあくまでも開発段階のものであり、最終的な製品版に搭載される機能や要素をすべて搭載している訳ではないとのこと。今後多くのユーザーからのフィードバックを収集しつつアップデート提供を重ね、順次機能を追加していくことになる見込みです。

[マイクロソフト via Neowin]