Neowinは30日(現地時間)、マイクロソフトの公式オンラインストア上に、誤って「Lumia 950」および「Lumia 950 XL」のデータが一時的に公開されていたことを伝えています。

現在は既に当該ページは削除されてしまっている模様

Neowinによると、英国内のMicrosoft Store上に、「Talkman」および「Cityman」の開発コードネームで知られる2機種の新型フラッグシップスマートフォンの情報が誤って公開され、その結果、両端末の正式名称を含む多くの情報が判明したとのことです。

以下は、これまでにリークされてきた両モデルの主なスペック。

Lumia 950(Talkman)

ディスプレイ 5.2インチ WQHD(2560×1440)OLEDディスプレイ
SoC Qualcomm 64-bit ヘキサコア Snapdragon 808
RAM 3GB
ストレージ 32GB
メインカメラ 2000万画素 PureViewカメラ
フロントカメラ 500万画素 広角カメラ
バッテリー 3000mAh
その他 microSDカードスロット
虹彩認証センサー(Windows Hello 対応)
USB Type-Cポート
ワイヤレス給電機能(Qi)
カラーバリエーション マットホワイト
マットブラック

Lumia 950 XL(Cityman)

ディスプレイ 5.7インチ WQHD(2560×1440)OLEDディスプレイ
SoC Qualcomm 64-bit オクタコア Snapdragon 810
RAM 3GB
ストレージ 32GB
メインカメラ 2000万画素 PureViewカメラ(トリプルLEDフラッシュ)
フロントカメラ 500万画素 広角カメラ
バッテリー 3300mAh
その他 microSDカードスロット
虹彩認証センサー(Windows Hello 対応)
USB Type-Cポート
ワイヤレス給電機能(Qi)
カラーバリエーション マットホワイト
マットブラック

今回、これまでにリークされてきたスペック情報の多くが正確なものであったことが裏付けられたことをNeowinは伝えていますが、残念ながら発売時期および販売価格については一切の記述を確認することはできませんでした。

先日リークされた「Microsoft Band 2」のレンダリング画像

なお、Lumia 950シリーズは、「Surface Pro 4」や「Microsoft Band 2」(過去記事)などとともに、10月6日に正式発表される見通しです。

[Microsoft Store UK via Neowin]