米CNETは13日、AR(拡張現実)機能を搭載したヘッドセット製品を2016年内に発売予定であると伝えています。

microsoft-hololense

今回、同社CEOのJerry Shen氏がARヘッドセット製品を開発中であることをCNETのインタビューの中で言及し、製品化の時期について「2016年を予定している」と語ったとのこと。なお、価格については明らかにされなかったそうです。

ARヘッドセットと言えば、マイクロソフトのHololensが2016年の第一四半期に発売予定と伝えられていますが、こちらは最初の開発者向けモデルの価格が3,000ドルとなかなかの高値に設定されています。

先月には、ASUSとマイクロソフトがHololensの独自モデル開発について協議中であるとの情報も伝えられていますが、今回CEOが言及した製品がHololensをベースとしたものなのか、完全自社製のものかは明らかにされていないとのこと。

ゲームや動画視聴のみならず、教育や医療分野などへの応用展開も期待されるARヘッドセットですが、個人が気軽に購入可能な価格帯にまで落ちてきてくれることに期待したいところです。

[CNET via THE VERGE] [Popular Science]