米アップルは8日(現地時間)、USB 3.0規格に準拠したiOSデバイス向けSDカードリーダー「Lightning – SDカードカメラリーダー」の販売を開始しました。

Lightning - SDカードカメラリーダー

Lightning – SDカードカメラリーダー(以下:リーダー)は、PCを利用することなくデジタルカメラで撮影した画像や映像を、直接「iPhone」または「iPad」に転送することができるアクセサリです。

SDカードを挿入したリーダーをiOSデバイスに接続すると自動的に写真アプリが起動し、SDカード内のデータがモーメント、コレクションおよび年別に分類されるほか、端末上でiCloudフォトライブラリを利用した場合には自動的に全データがライブラリ上に保存され、全デバイス上の写真アプリに自動的に追加されるとのことです。

そのほか、リーダーはJPEGやRAWに代表される標準的な静止画フォーマットに加え、H.264やMPEG-4などのSDおよびHD動画フォーマットにも対応。USB 3.0規格に準拠しているため、「iPad Pro」と接続した場合には最大で5Gpbs(=640MB/s)の転送速度を実現することも紹介されています。

なお、リーダーは国内の公式オンラインストアを通じて、3500円(税別)で販売されていま。

[Apple via Phone Arena]