韓国サムスンは8日(日本時間)、18.4インチディスプレイを搭載する大型Androidタブレット「Galaxy View」を、国内市場において近日中にも発売することを発表しました。

記事42.3

背面部の取っ手に加え、一風変わった形状のスタンドを備えるGalaxy Viewは(過去記事)、日常生活やビジネスシーンにおける動画視聴および営業ツールとしての利用が想定されたミッドレンジモデルとなります。

以下は、Galaxy Viewの主なスペック。

OS Android 5.1 Lollipop
ディスプレイ 18.4インチ フルHD(1920×1080)PLSディスプレイ
SoC 1.6GHz オクタコアSoC(※型番不詳)
RAM 2GB
ストレージ 32 /64GB
フロントカメラ 約210万画素
バッテリー 5700mAh(※8時間の動画再生が可能)
ネットワーク 3G / 4G LTE(Cat.6) 
ワイヤレス Bluetooth 4.1 LE
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
その他 microSDカードスロット(最大128GB)
外形寸法 451.8(W) × 275.8(D) × 11.9(H) mm
本体重量 2.65kg

Galaxy Viewは、Android OSを搭載する端末としては異例の大きさを誇りつつも携帯性を追求するなど、非常に興味深いコンセプトに則った製品であると言えますが、そのスペック自体は大きな特徴や魅力に欠けており、Galaxy Viewが国内市場で成功を収めることができるかは、その価格設定次第といったところでしょうか。

記事42.1

なお、残念ながら今回、具体的な発売日や販売価格については明らかにされませんでした。

[PC Watch]