韓国サムスンは5日(現地時間)、「CES 2016」のプレスカンファレンスにおいて、「Windows 10」を搭載した12.2インチの2-in-1タブレットPC「Galaxy TabPro S」を発表しました。

記事32.1

Galaxy TabPro Sは、そのスペックやコンセプトを見る限りでは、米マイクロソフトの「Surface Pro 4」や米アップルの「iPad Pro」への対抗馬であると言えます。

以下は、Galaxy TabPro Sの主なスペック。

記事32.2

OS Windows 10 Home または Pro
ディスプレイ 12.2インチ QHD(2160×1440)Super AMOLEDディスプレイ
CPU Intel 2.2GHz駆動 64-bit 第6世代 デュアルコア Core M
RAM 4GB
ストレージ 128 / 256GB SSD
メインカメラ 約500万画素
フロントカメラ 約500万画素
バッテリー 5200mAh
ネットワーク 4G LTE(Cat.6)※LTEモデルのみ
ワイヤレス Bluetooth 4.1
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
NFC
外形寸法 290.3(W) × 198.8(D) × 6.3(H) mm
本体重量 693g(Wi-Fiモデル)
696g(LTEモデル)

Galaxy TabPro Sは他のWindows 10搭載PCと遜色ない機能性を実現しており、Microsoft OfficeソフトやOne Driveはもちろん、「Cortana」や「Microsoft Edge」を利用することもできます。また公称バッテリーライフは最大10.5時間となっており、完全放電状態から満充電までの所要時間はおよそ2.5時間としています。

記事32.3

なお今回、2016年2月中の発売が予告されましたが、販売価格に関しては一切の情報が明らかにされませんでした。専用の着脱式キーボードは本体に同梱される形で提供されるとのことです。

[サムスン via Phone Arena]