中国ファーウェイは5日(現地時間)、「CES 2016」のプレスカンファレンスにおいて、新型10インチAndroidタブレット「MediaPad M2 10」を発表しました。

記事31.1

MediaPad M2 10はその名称が示す通り10インチの液晶ディスプレイを搭載しており、「M-Pen」と呼ばれるアクティブスタイラスペンによる入力をサポートしている点を大きな特徴としています。

以下は、MediaPad M2 10の主なスペック。

OS Android 5.1 Lollipop
ディスプレイ 10.0インチ WUXGA(1920×1200)IPSディスプレイ
SoC HiSilicon 2.0GHz駆動 64-bit オクタコア Kirin 930
RAM 2 / 3GB
ストレージ 16 / 64GB
メインカメラ 約1300万画素
フロントカメラ 約500万画素
バッテリー 6660mAh
ワイヤレス Bluetooth 4.0
Wi-Fi 802.11 b/g/n/ac
その他 microSDカードスロット(最大128GB)
指紋認証センサー
カラーバリエーション シルバー / ゴールド
外形寸法 239.8(W) × 172.75(D) × 7.35(H) mm
本体重量 500g

シルバーとゴールドの2モデルが用意されており、前者には2GBのRAMと16GBのストレージ、後者には3GBのRAMと64GBのストレージを搭載。また両モデル共通でWi-FiモデルとLTEモデルが存在しているため、MediaPad M2 10は全部で4モデル構成ということになります。

なお、販売価格はそれぞれ349ドル(約4万1000円)と469ドル(約5万6000円)に設定されており、2016年第1四半期中(1〜3月)に米国を含む諸地域において販売が開始される予定とのことです。

[Phone Arena]