Phone Arenaは11日(現地時間)、GFXBenchおよびGeekbenchベンチマークのデータベース上に、「Galaxy Tab S2 8.0」および「Galaxy Tab S2 9.7」の後継モデルと見られる端末のデータが発見されたことを伝えています。

54 Galaxy Tab S3 spec sheet_1

GFXBenchのデータベースに登録されていた「SM-T819」のデータ

GFXBench上にデータが登録されていた「SM-T819」は9.6インチのQXGA(2048×1536)ディスプレイを搭載しており、同解像度の9.7インチディスプレイを採用するGalaxy Tab S2 9.7(SM-T810 / 815)の後継モデルであると推察されます。

また同様に、Geekbench上に登場した「SM-T719」は、その型番の類似性から見ても、8.0インチディスプレイを搭載するGalaxy Tab S2 8.0(SM-T710 / 715)の後継モデルである可能性が高そうです。

54 Galaxy Tab S3 geekbench result

Geekbench上に公開されていた「SM-T719」のデータ

なお、発見されたデータを見る限りでは、両モデルとも「Snapdragon 652」と「Android 6.0.1 Marshmallow」を実装している可能性が濃厚であり、高性能なAndroidタブレットとしての登場に期待が高まりますが、現時点では発表時期などの詳細について有力な情報は伝えられていません。

来週末に開幕を控えるMWC 2016は、両端末が発表されるタイミングとしては有力な候補と言えそうです。

[Geekbench via Phone Arena]