中国のマイクロブログWeibo上に25日(現地時間)、中国Vivoの次世代フラッグシップスマートフォン「Xplay 5」の実動作映像が公開されました。

公開された映像の中では、保護ケースなどで全体が覆われたXplay 5とされる端末を中央にして、左側にVivo製の端末(※詳細は不詳)、右側に「iPhone 6s」が配置されており、それぞれの端末で同時に同一アプリを起動させています。

結果としては、Xplay 5が最も早くアプリを起動させることに成功しましたが、iPhone 6sとはそもそも実装されているOSが異なるほか、OSに対する最適化の度合いもアプリ毎に大きく異なるため、両者を単純に比較することはあまり意味がないようにも思われます。

とは言うものの、「Snapdragon 820」と6GBものLPDDR4メモリを搭載することが判明しているXplay 5が(過去記事)、挙動の軽快さで高い評価を得るiPhone 6sと比肩し得るパフォーマンスを秘めていると判断しても良いのかもしれません。

なおPhone Arenaによると、Xplay 5は3月1日に発表される見込みとのことです。

[Weibo via Phone Arena]