米マイクロソフトは15日(現地時間)、かねてから登場が期待されていたWindows 10 Mobileスマートフォン「Lumia 650」を発表しました。

Microsoft Lumia650

マイクロソフトが発表したLumia 650はOSにWindows 10 Mobileを搭載しており、パソコンとスマートフォンで共通した作業を可能とし、Windowsパソコンで馴染みのある操作感を実現しています。HD(1280×720)解像度の5インチ有機ELディスプレイを搭載したLumia 650は、ビジネス使用に適した端末となっています。

以下は、Lumia 650のスペック。

搭載OS Windows 10 Mobile
ディスプレイ 5インチ HD解像度 有機ELディスプレイ 297ppi
コーニング ゴリラガラス3
SoC Qualcomm Snapdragon 212 クアッドコア 1.3GHz
メインカメラ 約800万画素 f/2.2
LEDフラッシュ搭載
HD動画撮影対応
フロントカメラ 約500万画素 f/2.2
HD動画撮影対応
RAM 1GB
内蔵ストレージ 16GB
外部ストレージ microSDカード(200GBまで対応)
バッテリー 2000mAh
サイズ(H×W×T) 142 × 70.9 × 6.9 mm
重さ 122g
センサー 環境光センサー
加速度計
近接センサー
接続 Nano SIM
3.5mmステレオヘッドセットコネクタ
micro-USB-B
Bluetooth 4.1
NFC
4G LTE
Wi-Fi:IEEE 802.11 b/g/n、Wi-Fi call

Lumia 650は、筐体にアルミニウムフレームを採用したデザインで、カラーバリエーションには「Lumia 950」シリーズ(過去記事)と同様、マットブラックとマットホワイトの2色が用意されています。

昨年11月、マイクロソフトはフラッグシップモデルとしてLumia 950シリーズを発表し、「ビジネスユーザーのためのLumia端末投入も計画している」と明らかにしていました。この予告から登場までの期間を考えると、今回発表されたLumia 650がその計画の端末であったようです。

マイクロソフトは、ミッドレンジモデルとして「Surface Phone」なる端末を今年中頃にも投入するのではないかと期待されていますが、その場合、Lumia 650とどのような差別化を果たすのか気になるところです。

発表前にも関わらず一部オンラインストアで予約受付が開始されていたLumia 650は(過去記事)、199ドル(約2万2700円)で今月18日からヨーロッパ市場に向けて発売されます。

なお、マイクロソフトが日本においてはサードパーティー製のWindowsスマートフォンに注力していることを考えると、残念ながら今回も日本での発売には期待しない方がよさそうです。

[マイクロソフト]