GSMArenaは26日(現地時間)、中国Xiaomiの最新フラッグシップスマートフォン「Mi 5」が、実際にサポートしているLTE周波数帯が判明したと伝えています。

124 Mi 5

先日、Mi 5が18もの異なるLTEバンドに対応する可能性が指摘され注目を集めましたが、新たにMi 5の公式製品ページに対応周波数帯に関する情報が公開され、噂が事実ではなかったことが判明しました。

以下は、Mi 5が実際に対応する周波数帯。

ネットワーク 方式 バンド
4G FDD-LTE 1 / 3 / 7
TDD-LTE 38 / 39 / 40 / 41
3G TD-SDMA 34 / 39
WCDMA 1 / 2 / 5 / 8
CDMA 2000 BC0 / BC1
2G GSM 2 / 3 / 5 / 8
CDMA 1X BC0 / BC1

なお、LTEバンド1は国内大手通信キャリア全社が、バンド3はNTTドコモおよびソフトバンクが採用しているほか、バンド41についてはUQコミュニケーションズが対応しており、Mi 5の発表イベントでは同社がMi 5を世界各国市場に順次投入する予定であることが明らかにされています。

ただし、近い将来には実現しない可能性が高いことも明言されており、同社製端末がこれまで日本市場に投入されてこなかったことを踏まえると、Xiaomiの戦略が大きく変更されでもしない限りはMi 5が国内市場で発売されることはなさそうです。

[MIUI Forum via GSMArena]
[Xiaomi]