FREETELは24日、スマートフォンを0円で利用開始できる「スマートフォン0円スタートプラン」を開始したと発表しました。

FREETEL

対象機種は「極 KIWAMI」「雅 MIYABI」「Priori 3 LTE」「Priori 3S LTE(近日予定)」の4機種で、FREETEL eSHOPにて1000台限定の販売を行うとのことです。月額料金で端末代金を値引く「実質0円」の販売ではなく、端末本体以外にも専用カバーや端末保証などセットになった合計金額から一定額を割り引き、24回払いで支払うというものです。

別途FREETEL SIMの契約が必要ですが、一番安い月額料金の機種は「Priori 3 LTE」でFREETEL SIMの最低月額料金299円と合わせても、月額1079円(税別)で利用することが可能です。

実質0円の廃止が進む中、買い替え需要が低下するのではとの予想(過去記事)もでており、各社様々な施策を打ってくると思います。それに伴い、今回の様な端末と専用カバーがセットになったプランで販売価格を上乗せし、顧客一人あたりの購入単価を底上げする動きが今後でてくるかもしれません。

[FREETEL]