香港の市場調査会社Counterpoint Technology Market Researchは7日(現地時間)、発売当月における「Galaxy S7」および「Galaxy S7 edge」の販売台数が、同期間における「Galaxy S6」シリーズの記録を上回っていることが判明したと伝えています。

34 Galaxy S7 series

画像は「Galaxy S7」シリーズのもの

Counterpoint Technology Market Research(以下:Counterpoint)が世界40ヶ国を対象に実施した調査によると、発売当月におけるGalaxy S7シリーズの一部市場での販売台数は、Galaxy S6シリーズ比で最大50%増を記録しているとのことです。

また米国市場においては30%、ヨーロッパおよび中国市場では、それぞれ20%と10%ほど好調な売れ行きを示していることも判明したほか、既に総出荷台数は1000万台を突破している見通しとされています。

34 Galaxy S6 series

画像は「Galaxy S6」シリーズのもの

Counterpoint幹部のジェームズ・ヤン氏は今回、この暫定的な成功の背景には、Galaxy S7 edgeの存在が大きく影響している可能性を指摘。Galaxy S6シリーズは、発売当初「Galaxy S6 edge」の供給不足により多大な機会を損失した一方で、最新シリーズにおいては潤沢な供給が維持されており、Galaxy S7とGalaxy S7 edgeの販売比率はほぼ五分五分となっている模様です。

市場からの好ましい反応がいつまで持続されるかは未知数ですが、このまま順調に販売を拡大していければ、Galaxy S6シリーズの最終的な販売記録を上回ることも十分に可能であると言えそうです。

[Counterpoint Technology Market Research via Phone Arena]