Phone Arenaは17日(現地時間)、韓国サムスンの従業員を名乗る人物を通じて、「Galaxy Note6」のシステム情報を捉えたスクリーンショットがリークされたことを伝えています。

67 Galaxy Note5

Phone Arenaによると、リークされたスクリーンショットはハードウェア情報を表示する定番ソフトウェア、CPU-Zを利用して撮影されたものとのことです。

このスクリーンショットからは、この端末にWQHD(2560×1440)解像度の5.8インチディスプレイと6GBのRAM、32GBのストレージのほか、「Exynos 8 Octa 8890」が搭載されていることが判明しました。

67 Galaxy Note6 system info by CPU-Z

また、画像内には「SM-N930F」という型番の記述も確認されていますが、これは先日流出したGalaxy Note6の型番リストに確認されたものと同一の型番となります(過去記事)。

そのほか、Phone Arenaが繋がりを持つ情報筋によると、Galaxy Note6は「Galaxy Note5」よりも若干厚みが増すものの、3700mAhのバッテリーを搭載するほか、「Galaxy S7」シリーズと同様にIP68相当の防水性能を実現し、「Android N」もプリインストールされているとのことです。

なお、国内市場ではNTTドコモから発売されると伝えられていますが(過去記事)、現時点では公式からの発表は一切行われておらず、続報に期待が集まります。

[Phone Arena]