米Oculus VRのCEOブレンダン・イリーブ氏は2日(現地時間)、同社製のVRヘッドセット「Oculus Rift」の予約購入者全員に対して、商品の発送料を全額同社が負担する意向を明らかにしました。

20 a man wearing Oculus Rift

現在、Oculus Riftは当初の計画よりも発送に遅れが生じており、一部の早期予約者は予定されていた日程を過ぎてなお製品を手にすることができていない状況にあります。

イリーブ氏が顧客に送付したメールで明かしたところによると、現在同社は “unexpected component shortage(想定外の部品不足)” に陥っており、予定されていた発送スケジュールを完遂することが困難な状況にあるとのことです。

同氏はこの計画遅延の発生を受け、すべてのOculus Rift予約購入者に対して発送料を請求しないことを、自身のTwitterアカウントを通じて明らかにしました。

なお今回、4月12日までには出荷状況が改善される見通しであることも明らかにされていますが、一刻も早く想定外のトラブルに収拾をつけて頂きたいところです。

[Twitter via Android Authority]