台湾ASUSは23日(現地時間)、新型ミッドレンジファブレット「ZenFone Max」を、インド市場において正式に発表しました。

91 New ZenFone Max

新型ZenFone Maxは、昨年8月に発表された端末の新型モデルとなりますが、端末のデザインはそのままに、全体的なスペックの向上が図られています。

新たに「Snapdragon 615」が採用され、RAMおよびストレージの最大容量はそれぞれ3GBと32GBまで強化。一方で、ディスプレイおよび前後カメラには変更がもたらされませんでした。

以下は、新型モデルの主なスペック。

91 New ZenFone Max_2

OS Android 6.0.1 Marshmallow
ディスプレイ 5.5インチ HD(1280×720)IPS液晶ディスプレイ
SoC 1.2GHz駆動 64-bit クアッドコア Snadpragon 410
1.5GHz駆動 64-bit オクタコア Snapdragon 615
RAM 2 / 3GB LPDDR3メモリ
ストレージ 32GB eMMCメモリ
メインカメラ 約1,300万画素 PixelMasterカメラ
フロントカメラ 約500万画素 PixelMasterカメラ
ネットワーク 4G LTE通信 対応
バッテリー 5,000mAh
その他 microSDカードスロット(最大64GB)
カラーバリエーション ブルー / オレンジ / ホワイト / ブラック
外形寸法 156(W) × 77.5(D) × 10.55~(H) mm 
本体重量 202g

5000mAhという大容量バッテリーの恩恵により、通常使用時のバッテリーライフは最大3日間、スタンバイ状態ならば最大38日間を実現しているとのこと。また、レーザー照射式のAF機構を採用する1300万画素のメインカメラは非常に高速な合焦速度を実現したことが強調されました。

なお、RAM容量2GBモデルは9999インドルピー(約1万6000円)、3GBモデルは1万2999インドルピー(約2万1000円)にて販売が開始される予定です。

[ASUS via GSMArena]