TechDroiderは22日(現地時間)、台湾HTCが製造すると噂されている2機種の次世代Nexusスマートフォンのうち「Marlin」について、世界初となる実機画像を独占的に入手したことを伝えています。

115 HTC Nexus Marlin first leaked photo

Model number(型番)の項目には、はっきりと「Marlin」の文字が

この画像はMarlinの試作機のシステム情報画面を捉えたものであり、端末にはデザイン流出を防ぐための保護カバーが装着されています。

そして、画面上に表示されている情報から、この端末に「Android N」が搭載されていることや、今月5日に配信が開始された最新版のセキュリティパッチが適用済みであることなども判明しましたが、一方では詳しいスペックなどについてを読み取ることはできませんでした。

また、TechDroiderによると、この試作機は128GBのストレージを内蔵しており、筐体は完全なる金属素材製となっていたほか、背面部のメインカメラには出っ張りのないフラットなデザインが採用されており、さらにその直下には指紋認証センサーが搭載されていたとのことです。

さらに、全体的には「HTC 10」に似通った外観に仕上げられており、メインカメラには「Nexus 6P」(およびHTC 10)と同一のイメージセンサーが採用される見込みとしています。

ディスプレイ 5.5インチ WQHD(2560×1440)AMOLEDディスプレイ
SoC Qualcomm クアッドコアSoC(※詳細不詳)
RAM 4GB
ストレージ 32 / 128GB
メインカメラ 約1,200万画素
フロントカメラ 約800万画素
ワイヤレス Bluetooth 4.2
バッテリー 3,450mAh
その他 指紋認証機能
USB Type-Cポート

先日リークされた「Marlin」のスペック情報

なお、HTCが満を持して投入した最新フラッグシップモデルであるHTC 10は、年間出荷台数がわずか100万台程度にとどまるとの予測も発表されており(過去記事)、同社は非常に芳しくない状況にあると言えます。

はたしてHTCは「グーグル」と「Nexus」という “虎の威” を借り、市場に再び返り咲くことができるのでしょうか。Marlinの兄弟モデルとして知られている「Sailfish」と併せて、続報には要注目です。

[TechDroider via GSMArena]