世界的な情報筋として知られているエヴァン・ブラス氏は30日(現地時間)、現在BlackBerryによって3機種のAndroidスマートフォンについて、その主なスペックと開発コードネームが判明したと伝えています。

11 BlackBerry logo

ブラス氏によると、3機種の新型Androidスマートフォンの開発コードネームはそれぞれ「Neon」、「Argon」および「Mercury」となり、まず2016年7月から8月にかけてNeon、次いで同年10月頃にArgon、その後2017年第1四半期中にはMercuryが登場する見込みとのことです。

以下は、新たにリークされた3機種それぞれの主なスペックと特徴。

Neon

ディスプレイ 5.2インチ フルHD(1920×1080)ディスプレイ
SoC Qualcomm 64-bit オクタコア Snapdragon 617
RAM 3GB
ストレージ 16GB
メインカメラ 約1,300万画素
フロントカメラ 約800万画素
バッテリー 2,610mAh
その他 急速充電機能(QuickCharge 2.0)

直近の情報によると、Neonは中国TCL Communication製のAndroidスマートフォン「Alcatel Idol 4」のリブランド品として登場する見通しとのことですが(過去記事[1][2])、今回ブラス氏がリークしたスペックは、完全に同端末のそれと合致しています。

Argon

ディスプレイ 5.5インチ WQHD(2560×1440)ディスプレイ
SoC Qualcomm 64-bit クアッドコア Snapdragon 820
RAM 4GB
ストレージ 32GB
メインカメラ 約2,100万画素
フロントカメラ 約800万画素
バッテリー 3,000mAh
その他 急速充電機能(QuickCharge 3.0)
指紋認証機能
USB Type-Cポート

BlackBerry製のAndroidスマートフォンとしては初となるフラッグシップモデルとなる予定のArgon。一般消費者のみならずエンタープライズ分野での成功をも狙った製品とされています。

Mercury

ディスプレイ 4.5インチ フルHD(1920×1280)3:2ディスプレイ
SoC Qualcomm 64-bit オクタコア Snapdragon 625
RAM 3GB
ストレージ 32GB
メインカメラ 約1,800万画素
フロントカメラ 約800万画素
バッテリー 3,400mAh
その他 QWERTY物理キーボード

アスペクト比3:2のディスプレイを搭載する少々毛色の異なるモデルとなる模様。NeonやArgonとは異なり、BlackBerry伝統のQWERTYキーボードを搭載するものの、BlackBerry Privのようにスライド式とはならない見込みとのことです。

なお、年内に2機種のAndroidスマートフォンの投入が予定されていることは、既にBlackBerryが公式に明かすところですが(過去記事)、今回ブラス氏が伝える製品スケジュールは、その公式発表と何ら矛盾していません。同氏のリーク実績を顧みるに、今回の情報の信憑性にも期待して良さそうです。

[VentureBeat via Twitter]