世界的な情報筋のエヴァン・ブラス氏は18日(現地時間)、年内の発表が予定されている「iPhone 7」シリーズには、「iPhone 7 Pro」というモデルは存在しないことを指摘しています。

ブラス氏によると、年内に登場する新型iPhoneシリーズは2機種のみであり、それぞれには「Sonora(ソノラ)」と「Dos Palos(ドス・パロス)」という米国の地名が開発コードネームとして与えられているとのことです。

なお、数日前には「iPhone 7」、「iPhone 7 Plus」およびiPhone 7 Proの実機を並べた比較画像がオンライン上を騒がせることとなりましたが、端々に画像が加工された痕跡が指摘されており、既に「画像はねつ造された偽物である」という見方が既に一般的となりつつあります。

103 alleged fake iPhone 7 series photo

「iPhone 7」シリーズのはずなのに、何故か背面部にはマイナーチェンジモデルの証拠である「S」のロゴが

“3機種目のiPhone” としてiPhone 7 Proが登場しないと完全に断定することはできませんが、少なくとも直近までの情報を顧みる限りでは、その可能性は非常に低いと言えそうです。

[Twitter via Phone Arena]