TechTasticは5日(現地時間)、「iPhone 7」の実機画像が、新たに中国のインターネット上にリークされたことを伝えています。

39 alleged iPhone 7

画像を見る限りでは、やや大型化されたイメージセンサーとより目立ちにくいデザインへと変更された帯状アンテナなど、これまでにリークされてきたiPhone 7シリーズの実機画像に確認された特徴とも合致しています(過去記事[1][2][3])。

また、底面部には3.5mmイヤホンジャックが搭載されていないようにも見受けられますが、残念ながら画像が不鮮明なため、どちらとも断言することはできません。一方で、側面部のボタン配置については、現行モデルから変更されてはいない模様です。

なお、直近の情報によると、「iPhone 7 Plus」には1200万画素のデュアルカメラモジュールが採用され、防水機能およびワイヤレス充電機能も実装されるほか、3.5mmイヤホンジャックは廃止されるとのこと(過去記事)。

そのほか、「iPhone 5」以来では初となるブラックモデルが “復活” を果たすとも噂されており(過去記事)、iPhone 7シリーズは、かつての想定よりもずっと多くの新要素を引っ提げて登場することになるかもしれません。

[TechTastic via 9to5Mac]