株式会社マウスコンピューターは21日(日本時間)、SIMフリーの「Windows 10 Mobile」搭載スマートフォン「MADOSMA」シリーズの第2弾モデルとして、「MADOSMA Q601」を2016年7月28日より国内発売することを発表しました。

108 MADOSMA Q601

マウスコンピューターは昨年6月中旬、国内市場では久方ぶりとなるWindows Phoneの新製品として「MADOSMA Q501」を発売しましたが、今回は販売開始が予告されたQ601は、大幅なスペック強化が施された上位モデルとなります。

以下は、MADOSMA Q601の主なスペックと特徴

OS Windows 10 Mobile
ディスプレイ 約6.0インチ フルHD(1920×1080)ディスプレイ
SoC Qualcomm 64-bit オクタコアSoC Snapdragon 617
RAM 3GB
ストレージ 32GB
メインカメラ 約1,300万画素
フロントカメラ 約500万画素
ネットワーク 2G / 3G / 4G LTE
ワイヤレス Bluetooth 4.0
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
NFC
バッテリー 3,900mAh
その他 microSDカードスロット(最大128GB)
USB 2.0 Type-Cポート
外形寸法 160(W) × 82.3(D) × 7.9(H) mm
本体重量 176.5g

Q501が5.0インチディスプレイを搭載するスマートフォンであったのに対し、Q601は6.0インチディスプレイを搭載するファブレットであり、3900mAhというバッテリー容量の大きさもその魅力の1つとなります。

また、ディスプレイやモニターと接続することで、簡易的なデスクトップPCのように扱える機能「Continuum」にも対応。筐体にはアルミニウム素材、液晶保護には米Corningの「Gorilla Glass 3」を採用したほか、狭額縁デザインに仕上げたことにより、強靭さと握りやすさとを両立されました。

なお、今月28日より家電量販店および直営オンラインストアを通じて、4万9800円(税込)にて発売されるとのことです。

[マウスコンピューター via PC Watch]