ソフトバンクグループ株式会社は18日(現地時間)、英国の半導体設計企業ARM Holdings plcとの間において、ソフトバンクがARMの発行済み株式および発行予定株式を現金で買い付ける契約が合意に至ったことを正式に発表しました。

96 Softbank ARM logo

プレスリリースによると、今回の買収は、ARMが保有する半導体関連の知的財産権の取得に加え、同社の持つIoT(Internet of Things)分野におけるイノベーション実績を高く評価してのものであるとのことです。

以下は、ソフトバンクの首脳陣が示すARM買収のもたらす5つの利点。

  1. 知的所有権に係るライセンスの提供および半導体企業の研究開発受託におけるARMのグローバルリーダーたる地位をサポートし、さらに強固なものにできる。
  2. ARMのイノベーションへの傾注を維持できる。
  3. ARMが次なるイノベーションの波を起こすための投資を拡大することができる。
  4. 共通の文化と長期的視野。
  5. 科学技術分野における英国の先導的地位を維持し、成長させることができる。

買収額はおよそ240億英ポンド(約3兆3000億円)に上り、これによりソフトバンクはARM株式1412万株を新たに取得することとなります。また、ARMの株主およびイングランド裁判所の承認を得たのち、2016年9月30日までに本買収に係るすべての処理が完了する予定です。

なお、今回の買収についてソフトバンクCEOの孫正義氏は、「IoT(モノのインターネット)」がもたらす非常に重要なチャンスをつかむことにあることや、ARMは今後も独立した企業として引き続き英ケンブリッジを本拠地とすることなどを明かしました。

さらには、上場企業として考えられる以上の潜在力を引き出すべく、向こう5年間の間にARMの従業員を少なくとも倍増させるほか、同社に積極的な投資や支援を行うことなどを計画していることも明言しており、今回の買収が両社にもたらす相乗効果に期待したいところです。

[ソフトバンクグループ株式会社]