Phone Arenaは29日(現地時間)、リキッドメタル製の筐体を採用する高耐久スマートフォン「Turing Phone」の出荷が、2016年7月12日より開始される見込みと伝えています。

2 Turing Phone

Turing Phoneは、昨年12月中旬の発売を予定していましたが、「端末の完成度を高めるための措置」として、2016年第1四半期にまで発売を延期することが発表されていました(過去記事)。

しかしながら、予告されていた時期を過ぎても発売には至らず、その後の音沙汰もありませんでしたが、Phone Arenaによると、ついに来る7月12日より出荷が開始される見込みとのことです。

Turing Phoneは、究極の高耐久性を目指した端末として開発されておりり、ジルコニウム、アルミニウム、銅、ニッケルおよびチタンから成る合金を筐体に使用。そして、故障の原因となりやすいハードウェアボタン式のホームボタンを始め、Micro USBポートと3.5mmイヤホンジャックも筐体から排することにより、完全な防塵防水構造に仕上げられました。

また、標準モデルには、「Snapdragon 801」と5.5インチのフルHD(1920×1080)ディスプレイ、3GBのRAMと16GBのストレージに加え、1300万画素のセンサーと3000mAhのバッテリーが搭載されます。

さらに、OSには、Android OSベースのカスタムOSである「Sailfish OS 2.0」を採用。Android向けアプリとの完全なる互換性を維持しつつも、悪意あるプログラムから端末のシステムを保護することを可能にしました。

なお、昨年8月に開始された先行予約にいち早く申し込んでいたユーザーに対しては、「Snapdragon 820」や大容量ストレージへの無償アップグレードが提供されるとのことです。

[Phone Arena]