NSEAVoiceは26日(現地時間)、ソニーが2017年に、次世代フラッグシップモデルとして「Xperia Z6」を登場させる見込みと伝えています。

5 Sony logo

ソニーのフラッグシップスマートフォンとして人気を博してきた「Xperia Z」シリーズでしたが、今年2月に発表された「Xperia X」シリーズが、その座を引き継ぐ存在となることが、同社のグローバルPRチームによって公式に明らかにされましたが(過去記事)、その後もXperia Z6に関する噂は、根強く囁かれ続かれることとなっていました。

NSEAVoiceが新たに伝えるところによると、ソニーは現在Xperia Z6の開発を行っており、発表時点における最新鋭のスペックと革新的な技術を備えた次世代フラッグシップモデルとして、2017年に発表される見込みとのことです。

また今回、Xperia Z6が、同社製のVRヘッドセット「PlayStation VR」のコントローラーとしても利用可能になるとの指摘も。

Xperia Xシリーズの最上位モデル「Xperia X Performance」が、他社製の最新フラッグシップモデルと比較してやや見劣りするスペックであったことから、“真のフラッグシップモデル” としてのXperia Z6の登場に期待が集まることとなりましたが、これまでの公式発言を顧みるに、残念ながらその願いが成就する可能性はあまり高くはなさそうです。

しかしながら、例年ソニーが「Xperia Z」シリーズを発表してきたIFAにおいて、Xperia X Performanceを上回る高性能モデルが発表される可能性は十分にあると言え、続報には大きな期待と注目が集まります。

[NSEAVoice via MobiPicker]