MacRumorsは14日(現地時間)、米アップルの消息筋としても著名なアナリストのミンチー・クオ氏によって、2017年に3機種の新型iPadが発売されるとの予測が明らかにされたことを伝えています。

69 iPad Pro

画像は「iPad Pro」12.9インチモデルのもの

クオ氏が発表した最新予測によると、アップルは2017年に12.9インチディスプレイを搭載する「iPad Pro 2」、10.5インチモデルの新型「iPad Pro」および9.7インチの “安価な” 新型「iPad」の計3機種を発売する見込みとのことです。

また、前者2機種には「A10X」プロセッサが搭載される一方で、新型の9.7インチiPadには「A9X」プロセッサが採用されるほか、両チップはともに台湾TSMCによって独占的に製造される模様。さらに、A10Xプロセッサについては「10nm FinFET」プロセスで製造される見込みとされています。

そして、クオ氏は今回、2018年にはiPadシリーズのフォームファクタが刷新される可能性を指摘。アップルは同年内にフレキシブルAMOLEDディスプレイの採用を開始することが予測されていますが、それに合わせてフォームファクタ自体にも大幅な変更が加えられる模様です。

なお今回、「iPad mini」シリーズの進退についてクオ氏が言及することはありませんでしたが、現時点では将来的には廃止されるとの見方が有力視されており、同シリーズの愛好家は、近い将来に乗り換え先の検討を余儀なくされることとなるかもしれません。

[MacRumors via Phone Arena]