Bloombergは8日(現地時間)、次世代iPhoneシリーズには、感圧式の新型ホームボタンが採用される見込みと報じています。

49 Force Touch trackpad

Bloombergによると、「iPhone 7」シリーズには従来の伝統的なハードウェアボタンではなく、感圧式の新型ホームボタンが採用される見込みとのことです。

また、触覚フィードバック技術も実装されており、「MacBook Pro」シリーズなどに搭載されている「感圧タッチトラックパッド」と同様の仕組みとなっているとされています。

そのほか、既報の通り、やはり3.5mmイヤホンジャックは廃止され、新たにスピーカーが1基追加される模様。

なお、iPhone 7シリーズはともに3GBのRAMを搭載し、現行モデル以上の防塵防水性能を実現させた筐体を採用するとも伝えられており(過去記事[1][2])、当初報じられていたよりも多くの変化や改善がもたらされることに期待できそうです。

[Bloomberg / GSMArena]