韓国サムスンは2日(現地時間)、「Galaxy Note7」の発表に合わせて、同社製VRヘッドセット「Gear VR」シリーズの最新モデルを正式に発表しました。

14 New Gear VR official render_1

最新モデルにおける最も顕著な変化としては、その筐体の配色が挙げられます。先代モデルにおいては黒色と白色とのツートーンデザインでしたが、最新モデルにおいては黒一色のモノトーンデザインへと変更されました。

また、本体側面部に搭載されているトラックパッドのデザインにも変化を確認。先代モデルのトラックパッドに設けられていた十字形のごく浅い窪みが排除され、完全にフラットなデザインが採用されているほか、「戻る」ボタンの真横に新たなハードウェアボタンが1つ追加されています。

14 New Gear VR official render_5

さらに、視野角は96°から101°へとさらに広げられたほか、Gear VRシリーズ史上初となる「USB Type-C」ポートを搭載する端末との互換性を獲得しましたが、USBコネクタは着脱可能なアタッチメントとなっており、従来のMicro USBポートを搭載する端末との後方互換性も確保されました。

14 New Gear VR official render_314 New Gear VR official render_4

USBコネクタには、交換可能なアタッチメント方式を採用

なお、新型Gear VRの販売価格は、99ドル(約1万円)。Galaxy Note7と同じく今月19日より一部市場にて販売が開始される予定です。

[9to5Google]