MyDriversは5日(現地時間)、「iPhone 7 Plus」と見られる端末の情報が、Geekbenchベンチマークのデータベース上に発見されたことを伝えています。

13 alleged iPhone 7 benchmark result revealed on Geekbench

新たに発見されたデータには、端末の名称については「iPhone 9,3」とだけ記載されており、「iPhone 7」やiPhone 7 Plusなどの単語を確認することはできませんでした。

一方で、OSの項目には「iOS 10.1」の文字が明記されているほか、そのベンチマークスコアについては、シングルコア性能において3379、マルチコア性能においては5495と、「A9」はおろか「A9X」プロセッサさえも上回る値を記録しています。

以下は、同ベンチマークにおける一部フラッグシップSoCのおおよそのスコア。

シングルコア性能 マルチコア性能
A9 2,400前後 4,000前後
A9X 3,000前後 4,800前後
Snapdragon 820 2,000前後 5,500前後
Exynos 8 Octa 8890 2,000前後 6,000前後

仮に、今回新たに発見されたデータが偽物でないとするならば、iPhone 7 Plusに搭載されている「A10」プロセッサは、シリーズの特徴である1コアあたりの処理性能をさらに高めつつ、「Snapdragon 820」とほぼ同等のマルチコア処理性能を実現していることになります。

また、直近までの情報によると、iPhone 7 Plusには3GBのRAMが搭載される可能性が高いとのことですが、iPhone 9,3には2GBのRAMしか積まれていない模様。しかしながら、iPhone 7には2GBのRAMが内臓されると目されており、あるいは今回のデータは後者のものなのかもしれません。

なお、iPhone 7は、現地時間で9月7日に正式発表される予定です。

[Geekbench via MyDrivers via Phone Arena]