中国ファーウェイは1日(現地時間)、新型フラッグシップAndroidタブレット「Huawei MediaPad M3」を発表しました。

6 Huawei MediaPad M3

Huawei MediaPad M3は、WQXGA(2560×1600)解像度の8.4インチディスプレイや4GBのRAMなどを搭載する高性能タブレットであり、SoCにはファーウェイ製のフラッグシップSoC「Kirin 950」を採用しています。

以下は、同端末の主なスペックと特徴。

OS EMUI 4.1(※Android 6.0 Marshamllowベース)
ディスプレイ 8.4インチ WQXGA(2560×1600)ディスプレイ
SoC HiSilicon 2.3GHz駆動 64-bit オクタコア Kirin 950
RAM 4GB
ストレージ 32 / 64GB
メインカメラ 約800万画素
フロントカメラ 約800万画素
ネットワーク 4G LTE通信 (※LTE対応モデルのみ)
バッテリー 5,100mAh
その他 microSDカードスロット
指紋認証機能

米国のオーディオメーカーHarman Kardonの認証を受けたデュアルステレオスピーカーに加え、ファーウェイ独自のサラウンド再生機能「Supwer Wide Sound 3.0」を搭載。WQXGA解像度のディスプレイと相まって、動画再生やゲームなどのコンテンツ消費に適した端末であると言えます。

なお、Huawei MediaPad M3は、今月26日より欧州、中東および一部のアジア市場において発売が予定されており、LTE通信に対応しない最下位モデルは349ユーロ(約4万円)、LTE通信機能を備える最上位モデルが449ユーロ(約5万2100円)にて販売されるとのことです。

 

[Phone Arena]