Phone Arenaは4日(現地時間)、「iOS 9」のプラットフォーム内シェア率が、2016年8月29日付で88%を突破していたことが判明したと伝えています。

11 iOS 9 penetrateion rate reached 88%

昨年9月中旬に初めて正式にリリースされて以来、着実にiOSプラットフォーム内におけるシェア率を高め続けることに成功してきたiOS 9ですが、次世代iPhoneシリーズおよび正式版「iOS 10」の発表を目前にして、88%という驚異的な値に達した模様です。

なお、iOS 10世代においても同様の傾向は続くものと期待されますが、既に米アップルは、iOS 10において「iPhone 4S」を始め、「iPad」および「iPod Touch」シリーズの一部モデルを最新OSアップデートの対象から除外することを明らかにしています。

それらの端末を利用しているユーザーに、どこまで対応機種への買い替えを促すことができるかが、プロモーションの巧みさで知られる同社の腕の見せ所となりそうです。

[Apple via Phone Arena]