ソニーは1日(現地時間)、4.6インチディスプレイを搭載する高性能コンパクトスマートフォン「Xperia X Compact」を発表しました。

2 Xperia X Compact

Xperia X Compactは、2016年のソニーにおける “真のフラッグシップモデル” として発表された「Xperia XZ」(過去記事)の兄弟端末であり、Xperia Xシリーズとしては初の4.6インチモデルとなります。

「Loop Surface」と呼ばれる継ぎ目のない平べったい筒状のデザインや、2300万画素のメインカメラとレーザーAFセンサー、および高精度のホワイトバランス調整を実現させる「RGBC-IRセンサー」のほか、5軸電子式手ぶれ補正機構(EIS)や指紋認証センサーを統合した電源ボタン、「USB Type-C」ポートなど、多くの点においてXperia XZと同一仕様に仕上げられました。

一方で、筐体は神戸製鋼製の金属素材「ALKALEIDO」ではなくプラスチック素材製となったほか、防塵防水には非対応とのこと。Xperia XZにおいて復活を果たした4K(3840×2160)動画撮影機能も搭載は見送られており、ディスプレイとSoCについてもXperia XZ比でスペックダウンされています。

OS Android 6.0.1 Marshmallow
ディスプレイ 4.6インチ HD(1280×720)Triluminosディスプレイ
SoC Qualcomm 64-bit ヘキサコア Snapdragon 650
RAM 3GB
ストレージ 32GB
メインカメラ 約2,300万画素(デュアルLED / 5軸EIS / レーザーAF)
フロントカメラ 約500万画素
バッテリー 2,700mAh
その他 USB Type-Cポート(※USB 2.0準拠)
microSDカードスロット(最大256GB)
指紋認証機能

「Xperia X Compact」の主なスペック

残念ながら、噂されていたほどには高性能な端末とはなりませんでしたが、ハイエンド程度のスペックとフラッグシップ級のカメラ性能に、取り回しの良い小型筐体を備えた端末として、ユーザーにとって面白い立ち位置の端末となり得るかもしれません。

なお、海外市場においては10月頃の発売が予告されていますが、国内市場における発売計画については明らかにされませんでした。兄弟モデルのXperia XZと合わせて、早い時期の国内発売に期待したいところです。

[Phone Arena]