Bloombergは17日(現地時間)、複数機種が用意される見通しの次世代iPhoneシリーズにおいて、有機ELディスプレイを搭載するモデルは1機種のみとなる見込みと報じています。

28-iphone-7

消息筋がBloombergに明かしたところによると、米アップルへの有機ELディスプレイ供給における最大手となる韓国サムスン、韓国LG、シャープおよびジャパンディスプレイ(JDI)の4社のうち、サムスンを除く3社は供給体制の構築に手間取っているとのこと。

また、サムスンも、自社製品に多くの有機ELディスプレイを必要とするため、iPhoneの莫大な需要を完璧に満たすだけの余力はなく、結果として、有機ELディスプレイを搭載する新型iPhoneは1機種にとどまる模様です。

一方で、アップルはサムスンから1年間でおよそ1億枚の有機ELパネルの供給を受けることとなるほか、2018年からはシャープやJDIもアップルへの供給を開始するものと予測されています。

また、供給されるパネルのサイズは “5.0インチ以上” になる模様。過去には「有機ELディスプレイ搭載モデルには5.8インチの曲面パネルが採用される」とも噂されましたが、具体的なサイズについては明らかになっていません。

なお、直近の出来事として、世界的に有名なアナリストのミンチー・クオ氏も「2017年に登場する新型iPhoneシリーズのうち、有機ELディスプレイを搭載するのは1機種のみとなる」との予測を発表しており(過去記事)、今回の情報は同氏の見解とも合致するものとなりました。

[Bloomberg via Phone Arena]