The Vergeは22日(現地時間)、米グーグルのプロダクトマネージャーであるジェフ・チャン氏によって、2017年第1四半期に2機種の新型スマートウォッチが発表される予定であることが明かされたと報じています。

56-android-wear-watch

チャン氏によると、この新型スマートウォッチはどちらもフラッグシップモデルとして開発されており、「Android Wear 2.0」を世界で初めて実装した端末として発表される予定とのことです。

また同氏は、開発者向けプレビュー版のAndroid Wear 2.0の最終ビルドが、来年1月中にリリースされることを明かしたほか、最終ビルドにおいては「Android Pay」や「Google Assistant」への対応が果たされることを予告しました。

そのほか、両機種ともにグーグルの名を冠した製品とはならず、製造メーカーによって命名される模様。残念ながら今回、同氏が詳細について言及を避けたためそれ以上の詳細については不明ですが、過去に高い評価を勝ち得たAndroid Wear製品を製造したメーカーは有力候補であると言えそうです。

[The Verge via Android Police]